住所
横浜市神奈川区泉町3−7

電話
045−314−8648
営業時間
17:30〜24:00
LO 23:30
定休日
日曜日
予算
3500円〜


JR「横浜駅」西口徒歩12分
東急東横線「反町駅」徒歩5分



Made by
芋焼酎研究所


平成11年にオープンした「纜(ともづな)」も今年で8年目。もはや、「横浜一の焼き鳥を食べさせてくれるお店」としての評判と風格を兼ね備えてます。週末ともなると、店内は「纜」主人である島村さんの焼き上げる焼き鳥を求めるお客で賑わいます。



ここでちょっと所長的「纜」の楽しみ方を紹介します♪

「纜」に行ったら、「鶏刺し」は外せません!5つの異なる部位(胸・モモ・ハツ・レバ・ズリ)が盛り付けられ、それぞれの味を楽しむことが出来ます。これで710円は安い!です…が、人気メニューのため、遅い時間になると売り切れになることがあるのでご注意を。次に季節の食べ物。夏ならば「おぼろ寄せ茄子」や「鶏もつ焼き」、冬ならば各種「鍋」や「鶏もつ煮」は要チェックです!そして、いよいよ焼き物。いろいろな部位の焼き鳥がありますが、中でも「ぼんじり」がオススメです!「ぼんじり」とは尾の部分で、皮のパリパリ感とコラーゲンの脂感が魅力です。口の中でほとばしる、鶏の甘みある脂が、焼酎の風味を引き立てます。最近は「ぼんじり」を出すお店も多くなりましたが、「纜」の「ぼんじり」は味・ボリュームともにちょっと違います。その他、「かしわ」「皮」「軟骨」「手羽」「レバー」「せせり(首)」など、どれも美味い!です。ちょっと変わり種として「きんかん」という、内臓卵(生まれる前の卵)と卵管の焼き鳥があります。説明を聞くと「ギョギョッ」と思いますが、濃厚な黄身を口の中でからめながら食べるのは不思議な食感と美味しさがあります。毎日輸送されてくる新鮮な鶏を使用しているからこそ楽しめる焼き鳥です。最後の締めは、何と言っても「親子丼」です。小さめの器に盛られた、半熟トロトロの「親子丼」は絶品です。一緒に出て来る濃厚な「鶏スープ」も、一度飲んだらやみつきになります。



美味しい酒菜があるならば、美味しいお酒を飲みたいところです。お店のカウンターには、島村さん納得の焼酎が並んでいます。年に1〜2度、宮崎県や鹿児島県の蔵元を訪問し、実際の造りの現場を確認する程の力の入れようです。「萬膳」「萬膳庵」「村尾」「八幡」「富乃宝山」「さつま寿」「きろく」を初めとした約30種類ほどの焼酎が、1杯400円〜710円(100ml)でたっぷりと飲むことが出来ます。カウンター席に座り、島村さんと焼酎談義をしながら、お薦めを飲むのも楽しいです。清酒も10種類ほど、島村さんが吟味に吟味を重ねた美味しいものが取り揃えられているので、清酒大好きの人も満足することが出来ます。所長的には、やや酸味ある「凱陣」がオススメです♪ワインがお好きな方には、今注目のワイナリー「勝沼醸造」の「クラレーザ」がオススメ!焼き鳥と良く合います♪

*「纜」に行かれる際には、事前に電話で確認されることをお薦めします。
「焼き鳥を食べるぞ〜!!」と行ったものの、お店に入れないと、ダメージが大きいです。私の経験上…