度数:20度 :黄金千貫 :河内商店NK菌(黒麹) 
麹米
:酒造組合米 酵母:−− :松の露酒造内井水 
蒸留
:常圧と減圧のブレンド その他:−− 杜氏:藤山公利

【その他の二升五合の会(松の露酒造合名会社)の銘柄】
かんな
・粗濾過かんな
→ BACK

この「かんな」は、宮崎県の酒屋さんのグループ「二升五合の会」のPB第1弾です。
中身は、地元の蔵である「松の露酒造合名会社」の黒麹の常圧焼酎と減圧焼酎のブレンドで、アルコール度数は20度となっています。これは「減圧の良さと常圧の良さを互いに 引き出せるように」「地元の幅広い年齢層に対応できるように」という考えで決定されたようです。
さて味の方ですが、封を開けた瓶からは、甘い蒸かした芋の香りが立ってきます。丁度、蔵を訪問した時に感じる良い香りです。飲み方としては、生のまま、または、お湯割りがお薦めです。ロックで飲むと、非常に軽快な飲み口ですが、やや青々しい苦みが口の中に残ります。水割りは、物足りなさを感じてしまいます。しかし、お湯割りにすると、香ばしい香りと、ほんわかとした丸みある甘みが心地良いです。また、生のまま飲むと、香ばしくて甘い風味、そしてきりりとしまった飲み口で美味いです。
このように飲んでみると、20度というアルコール度数と「かんな」そのものの風味を合わせ考えると、生のまま、または少し割り水をして、冷やしてそのまま飲む(冷焼酎)のが良いのではと思います。
900mlで800円、1升でも1500円という値段は、焼酎愛飲家の頼もしい味方です!

(2005年6月20日)