度数:25度 :−− :白麹 麹米:−− 酵母:−− :−−
蒸留:−− 杜氏−−

【その他の白石酒造の銘柄】
天狗櫻 ・花と蝶
・天狗櫻35度 ・紅椿
・影法師 ・黒吉
・黒天狗 ・珍多羅
→ BACK

この「天狗櫻」は白石酒造のレギュラー酒です。
最近はどうなのか分かりませんが、4年前に訪問した際には、蒸留器が3基(そのうち、木樽蒸留器が1基)あって、形状の異なるステンレスの蒸留器2基を使って、白石酒造の銘柄は造られているとのことでした。もし、今も同様ならば、この「天狗櫻」も、そのような方法で造られているものと思われます。
(記憶が定かではありませんが…)3〜4年前でしょうか、ラベルが一新されたと同時に、「天狗櫻」の味も変化しました。以前は、すっきりとした平坦な味だったのですが、それが、非常に濃厚な、深みのある、芋芋しい風味となりました。瓶を光りにかざして見ると、白く濁っています。(多分)濾過を抑えたことが、味にコクと深みを出しているのだと思います。
さて、飲み方ですが、ロック、水割り、お湯割りと、どのような飲み方でも美味しいです。ロックでは、白石酒造の焼酎の特徴でもある、後味に苦みが残るのが気になるかもしれませんが、ストレートにガツン!とくる飲み応えは魅力的です。その苦みは、お湯割りにすると、スパッ!と心地良い切れを演出します。香ばしい香りに包まれながら、ほんわか〜とした芋のまろやかな風味と甘みを、ほのかな苦みが見事に中和してくれるのです。水割りは、丁度、ロックとお湯割りの中間で、ストレートな美味さと、まろやかさを楽しみながら、ゆっくりと酔うことが出来ます。
これで1升2000円(5合瓶1100円)。値段も美味しいです!
レギュラー酒の中では秀でた美味さです!!
(2006年5月29日)